一棟売りマンションを収益源にする|不動産を有効活用しよう

住宅

転勤で自宅を有効活用

手

転勤の間だけ貸します

単身赴任によって勤務地変更が確かになったからといって、それまで住み慣れているマイホームを売却する必要はございません。しかしながら、一家そろって転勤先に動く状況では、住み慣れているマイホームを売りに出すこともあります。そういう訳でリロケーションを選択することができます。わが国では、リロケーションという名の賃貸の契約があります。リロケーションは、不動産を貸す手段で従来の賃貸物件とは異なります。リロケーションは、勤務地変更で転居しなければならない際に家族一緒に転勤先に移動をするというようなケースで、それまで暮らしていた一戸建て若しくは分譲マンションが空き家になります。そのため空き家になっている不動産を転勤しているスパンだけ賃貸させることを意味します。

利点が多く増えています

転勤が多い職種だと、リロケーションで不動産の収益をあげることが、よくあります。 こちらのリロケーションは、以前からある賃貸のメソッドではなく2000年に改正された借地借家法を、活用して取り入れられることになったものと言えます。転勤することにより、リロケーションを通して賃貸の契約締結することで、付加価値もしくはウィークポイントは見受けられますが、収益を得ることが可能なため、不動産の会社に仲介を依頼する転勤族もいると考えられます。リロケーションを実行することで、それまで暮らしていたマイホームを、譲り渡さなくてもこと足りることから、これから先リロケーションを、選択する転勤族は多くなっていくと考えられます。