一棟売りマンションを収益源にする|不動産を有効活用しよう

住宅

賃貸経営を成功させる方法

マンション

日常の管理業務を軽減

賃貸住宅の経営は高い安定性と収益性が見込めることで定評のある、不動産投資の手法です。ただ、長期にわたって運営を続けていくとなるとなかなか大変な面があることも事実です。設備のメンテナンスはもちろん防犯・防災対策、果ては家賃滞納などのトラブル対応まで、日常的にやらなければならないことはたくさんあります。こうした手間は、管理会社に業務を委託することで解消できます。ただ、賃貸経営にまつわる苦労はこれだけではありません。何より大変なのは、退去者が出た時は入居者の募集を行ってできるだけ早く空き室を埋めないと、収入の減少を招いてしまうということです。こうした課題を一気に解決する手段として最近人気を集めているのが、一括借り上げという制度です。一括借り上げを利用すれば、業務の軽減と収益の安定化を同時に実現することができます。

支払い保証で収益安定化

一括借り上げとはアパートやマンションなどを入居者にではなくいったん不動産管理会社に賃貸し、その上で転貸をさせるというものです。「一括」という言葉からも分かるとおり通常は集合住宅を一棟そっくり貸すというのが一般的ですが、事業者の中には分譲マンションの一室や戸建ての貸家などに対してもサービスを提供しているところがあります。一括借り上げによって賃貸された物件の管理に係る一切は、管理会社が行います。オーナーは日常業務はもちろん入居審査や退去時の点検なども基本的にノータッチとなります。さらに支払い保証契約に伴い、月々の家賃のうちの一定額が入居状況に関わりなく支払われます。オーナーにとっては経営の実情が見えづらくなる側面があるという点には注意が必要ですが、信頼と実績のある管理会社に一任すればむしろ自分が直接運営するよりも高い実績を上げることも可能です。