一棟売りマンションを収益源にする|不動産を有効活用しよう

アパート

不動産価格の上昇

不動産

海外投資マネーの流入

不動産はバブル崩壊以降長期間に渡って下落を続けてきましたが、三大都市圏を中心に下げ止まり、上昇に転じています。大阪でも中心市街地の再開発が進行していることもあり、不動産価格の上昇が顕著となっています。大阪はアジアに近い問うこともあり海外からの投資マネーの流入が目立っています。海外の投資は一棟売りマンションやオフィスに資金が回っています。過度の円高の巻き戻しによって大幅な円安が続いているため海外勢にとっては日本の不動産が割安になっています。海外勢の投資先は比較的管理がし易い一棟売りマンションに向かっています。一棟売りマンションは現在入居者がいるため収益が安定していることが魅力となっています。

リノベーションによる売却

大阪の一棟売りマンションは築年数が古くなっている物件が多く見られます。東日本大震災以降耐震性が問題になっていますので、旧耐震の一途売りマンションは耐震補強に多額のコストがかかるため敬遠されていました。ただ大阪には新耐震のマンションがあり、この場合築年数が古い物件においては割安で購入できる状況になっています。最近は新築マンションの価格が急騰していますので中古マンションに対するニーズが増加しています。購入した一棟売りマンションは入居者が退去するタイミングでリノベーションを行って部屋売りをすることが資金回収を早くすることの一つの手段として考えられます。現在はリノベーション技術の向上が顕著となっており、内装はまるで新築と変わらないように仕上げることが可能となっています。

参考を得ることで

住宅

上手くマンション投資を実行するには、的確な情報収集が必要になります。適切な情報収集と情報の分析を上手く行うことで、マンション投資で安定的な収益を挙げることが可能となります。投資に関する判断は的確に行うことが大切になります。

賃貸経営を成功させる方法

マンション

一括借り上げとはアパート等の物件を不動産管理会社に賃貸し、管理を一任するという賃貸経営方式をいいます。オーナーにとっては日常業務から解放されるうえ、支払い保証を受けることで収益を安定化させることができるという利点があります。

転勤で自宅を有効活用

手

リロケーションと言われるのは、転勤者の留守になっているマイホームを賃貸の管理するビジネスです。リロケーションを通してマイホームを賃貸すれば、月ごとに 家賃の収益を得ることが可能です。そして家賃の収入をローン返済に充当することも出来ます。